投資損失1000万超を取り戻すブログ

ガリナリブログ

主に日常で体験した役立ちそうな情報を発信しています。投資で損失した1,000万超をインデックス投資で取り戻す記録も。

チープカシオ「F-84W-1」電池の交換方法 ダイソーで購入可能な【ボタン電池CR2016を使用】

おはようございます現実。
ガリナリです。





この記事ではチープカシオ「F-84W-1」の電池の交換方法をまとめています。

交換用の電池(CR2016)はダイソーでも手に入り作業自体もとても簡単なので、その方法をまとめていきます。

ドライバー等の工具は必要になりますが、同じように電池交換をしようとしている方は参考にしてみてください!

※自己流なので作業する際は自己責任でお願いします!


関連記事です。
garinari.com
garinari.com
garinari.com




準備するもの

①F-84W-1(チープカシオ)


②ボタン電池(CR2016)



ダイソーのレジ横に販売されています!


③精密ドライバーの⊕00と⊖2.1
(⊖のドライバーはサイズ問わず)


電池の交換方法




ドライバーの⊕00で4カ所のネジを少しずつ均等に緩めていきます。




裏面を外したらマイナスドライバー(取れれば何でも可)で防水用のパッキンを外します。




時計本体に貼り付いた白い紙(絶縁シート?)をつまんで中身を取り外します。
外れない場合はマイナスドライバーを隙間に入れ、テコのようにすると少し浮くので浮いてから紙を引っ張ると外しやすいです。



ボタン電池は金属製のカバーで覆われており、カバーには引っ掛かりが4カ所あります。




引っ掛かりの隙間にマイナスドライバーを入れテコの要領でカバーを外します。
※1カ所ずつ丁寧に力を入れ過ぎないよう注意




ボタン電池は黒い粘着テープに貼り付いて固定されています。



ボタン電池を外して新しいものに交換します。



カバーを戻して交換終了!
かと思ったら時計の表示が消えたままです…
というのも、デジタルの腕時計は電池交換をしたらAC(オールクリアの意味)をしなければいけません。





矢印2箇所の金属部分に伸ばしたクリップやピンセットで同時に触れ、ショートさせてリセットする必要があります。



表示が戻りました!
良かった生きてた!



矢印の部分に時刻等をセットする際のボタンが2箇所あります。
こちら側に時計の本体を差し込んでから押し込むとスムーズに嵌めることができます。



防水用のパッキンを忘れずに!



裏面を元に戻し時計の時刻をセットし直したら完成です。
お疲れ様です!

終わりの言葉

今回はチープカシオ「F-84W-1」の電池の交換方法をまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

想像以上に簡単な作業なので誰でも電池交換が出来ると思います。

皆さんが電池交換をする際の参考になれば幸いです!





オワリ